パソコン・スマホの困ったを助けます!
全般

[知らないと絶対損する]Wi-Fiで見かける11axや11acの意味は?

Wi-Fiを出す機械、ルーターの箱を見ると

11acや11axなどわけのわからない文字が書いてあります。

 

他にも上がり下りとあり、数字が書いてある。

この数字が大きい方が速度がはやいと言うのはわかる。(正解です)

 

しかしこの11acや11axには特に箱に説明もない。

なんだろう、不安がよぎったままルーターを買うのも怖い。

 

そんなあなたのためにWi-Fiでよく聞く

11acや11axになんの意味があるのかを解説します。

 

なぜ知らないと絶対損をするのかをページ下の方に書いてあるので

最後まで読まないと損します。

11acや11axがわからず飛ばして読んでも意味がわからず損をします。

 

キーワード

通信規格、最大通信速度、周波数帯

 

11acや11axとはどういう意味なのか?

通信規格

Wi-Fiには複数の通信規格があります。

規格と難しい言い方をしていますが世界が決めた決め事と思ってください。

 

実はこの11acや11axは略称でありフルネームは

「IEEE802.11ac」、「IEEE802.11ax」なんです。

(読み方はアイトリプルイーです。)

 

この「IEEE802.11」とは

通信最大速度や周波数帯で色々違う電波の種類を定めた国際標準規格なんです。

 

難しいことを言いましたがこの「IEEE802.11」

世界が決めたWi-Fiの電波の種類と考えていれば大丈夫です。

 

周波数帯

周波数帯とはWi-Fiに接続しようとするときに

2.4Ghz(ヘルツ)、5Ghz(ヘルツ)と言われるものです。

こちらにわかりやすく書いているので見てください。

あわせて読みたい
いまさら聞けない!2.4Gヘルツと5Gヘルツの違いは?Wi-Fiを利用する中でよく目にするのが2.4Ghzと5Ghz。 何が違うのかをわかりやすく解説していきます。 まず...

 

通信速度に入る前にとある表を見せます。

通信規格(略称) 最大通信速度(Mbps) 周波数帯(Ghz)
11b 11 2.4
11a 54 5
11g 54 2.4
11n (Wi-Fi 4) 1000 2.4/5
11ac (Wi-Fi 5) 4333 (理論値は6.9Mbps) 5
11ax (Wi-Fi 6) 4804 (理論値は9.6Mbps) 2.4/5

 

通信規格には現在6規格あります。

それだけ押さえて次の最大通信速度に入りましょう。

 

最大通信速度

表の中身を順に解説していくと

一番初めにできた通信規格が「11b」

2000年ごろから機器が出始めた2.4Gヘルツ帯の規格。

ゲーム機でいうとwiiやwiiU、3DS、PSP、PSVita、PS4、Xboxsが対応しています。

この頃はスマートフォンがなかったので

パソコンやゲーム機等に多く採用されました。

 

 

次に「11a」ですが、これは11bと同時に定められました。

11bよりも速度が速かったですが価格が高く日本では屋外利用ができませんでした。

 

 

「11g」11bの上位互換で2.4Gヘルツ帯の規格です。

速度が速かったのでWi-Fiルーターなどに当時は利用されていました。

ゲーム機でいうとやwiiU、3DS、PSP、PSVita、PS4、Xboxsが対応しています。

 

「11n」は2.4と5Gヘルツ帯両方に対応した規格で

以前の規格たちより最大通信速度もはやいものでした。

ゲーム機でいうとwiiU、PS4、Xboxsが対応しています。

 

 

「11ac」

11nをさらに通信速度が早く現在主流の5Gヘルツのみ対応の規格です。

最大通信速度は表の通りですが、2019年ごろのスマートフォンでは867Mbps止まりでした。

ニンテンドースイッチは11b/g/n/a/acに対応しています。

 

「11ax」

これから主流となってくる11acをさらに高速化した規格です。

2.4と5Gヘルツどちらにも周波数帯でも対応しています。

しかしiPhone11シリーズを除き

2020年から発売されたスマートフォンが対応可能になっている状況です。

ゲーム機も現在ではどれもこの規格には対応していません。

PS5が対応しているかどうかも不明です。

 

なぜ規格を知らないと損をするのか?

なぜこの規格を知らないと損をするのかというと、

例えばニンテンドースイッチを使っているとしましょう。

 

11axという通信規格が一番速いからそれに対応した価格の高いルーターを買おうとします。

しかしニンテンドースイッチは11acまでしか対応しておらず

必要もないのに価格が高いルーターを買ってしまい損をしてしまうのです。

 

逆もまたしかりで、

古いパソコンやゲーム機をWi-Fiに接続したいと思って

規格なんてどうでもいいやと適当なルーターを購入してしまうと

古いパソコンに対応した11bに対応していなかったり

ネットに繋げるために購入したのに

ネットに繋げられないという損をしてしまいます。

 

電化製品は一度開封してしますと返品できなかったりするので

規格を適当に理解していると絶対損をするのです。

 

まとめ

Wi-Fiの規格を解説していきました。

もしここがよくわからないよや

どんなルーターを買えばいいの?と困ってしまったら

どうぞ私のツイッターをフォローしてDMにて相談してください!!

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!