パソコン・スマホの困ったを助けます!
SQL

SQLで〇〇以上〇〇以下、〇〇または〇〇に一致する文字列を検索する

SQLでBETWEEN、IN、NOT IN、ORを使って、

〇〇以上〇〇以下、〇〇または〇〇に一致する文字列を検索する方法を解説します。

 

SQLで〇〇以上〇〇以下、〇〇または〇〇に一致する文字列を検索する

〇〇以上〇〇以下の検索はBETWEENを使います。

〇〇または〇〇に一致するをIN、ORを使い、

〇〇または〇〇に一致しない文字列を検索するのをNOT INを使います。

 

SQLで〇〇以上〇〇以下の検索を行う

例えば費用の計算で2000以上3000円以下に該当する文字列だけ抜き出す場合に使われます。

ではbetween演算子を使ってSQLを書いていきます。

select * from テーブル名 where 列名 between 数値 and 数値;

これでandの左にある数値以上、andの右にある数値以下と検索できます

 

select後ろの「*」とは?と思ったあなたはこちらを見てください。

あわせて読みたい
SQLで全ての列を検索する方法と*の意味SQLの基本でテーブルの全ての列を検索する方法と 「select * from テーブル名」の「*」が何を示しているか解説します。...

 

NURO光の申し込みをやめ、そしてドコモ光を選んだ

ネット速度が速いと言われているNURO光を

なぜやめたのか、知らないと損ですよ。本当に私は損しそうでした。

あわせて読みたい
NURO光の契約申し込みをやめた私、そしてドコモ光を選んだ〜NURO光はネットは早いけど対応は遅い〜 おはようございます。4月から新生活をするTANSANです。 初一人暮らし...

 

SQLで〇〇または〇〇に一致する検索をする

例えば2000円または3000円かどちらかに一致する検索の時に使用できます。

まずはin演算子を使い検索します。

select * from テーブル名 where 列名 in (‘文字列’, ‘文字列’);

で検索できます。

シングルクォーテーションに挟まれた文字列に一致する文字列が結果に表示されます。

 

次にorを使います。

select * from テーブル名 where 列名 = ‘文字列’ or 列名 = ‘文字列’;

で検索できます。

 

2つの方法で行えますが、and演算子の方がミスなく使いやすそうです。

 

〇〇または〇〇に一致しないの検索をします

先ほどとは逆で一致しないを検索します。

ここではnot in演算子を使います。

select * from テーブル名 where 列名 not in (‘文字列’, ‘文字列’);

 

inにnotを加えるだけで一致しない検索を行えます。

 

まとめ

同じ結果でも求めるSQLは複数あります。

一番簡単なSQLで入力しましょう。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!