コラム

パスワード作成時に注意しておきたい3つのこと

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

いびきを元からしかも、家庭で簡単にできる方法 を自らの体験から実践方法をご案内しています。 いびきは市販の器具や手術に頼らなくても改善することが可能です。

詳しく

本文

ツイッター、フェイスブック、インスタグラム、ライン等々のSNSを含めて

アカウントを作成するにはパスワード作成は必須です。

簡単なパスワードにすることであなたの個人情報が取られてしまいます。

 

そうならないためにも

パスワードの作成時に注意点をお話しします。

こんなパスワードは危険?!

こんなパスワードを使っているあなたは注意!

◇生年月日をそのまま使用

◇覚えやすパスワードにしている

◇名前をそのまま入力

◇小文字のみ

 

 

確かに、生年月日や名前の組み合わせは覚えるのも楽だし、、、、

 

でも、それはあなたを危険へと導いてしまいます。

 

また複数のアカウントで同じパスワードを作成していませんか?

 

それも危険です。

 

さて、ここまで読んでドキッとした人もいらっしゃったのではないでしょうか?

 

また、生年月日とか入れるわけがないと思ってる方もいますよね。

 

ではそんなあなたに正しいパスワードの作成の仕方をお話します。

正しいく安全なパスワードの作り方 

まず、パスワードはキーボードのキーを乱れ打ちで作成してください。

 段階を踏んで作成していきましょう。

 

1. まずは適当に打ちます。

amwaoanonanawon←このように適当にキーボードを打ち込んでください。

 

2. 大文字、小文字、数字をかき混ぜてください。

amWao12anOn3aQawon3←このように大文字、小文字、数字を混ぜてください。

 

3. 文字制限を機にする

 例えば、6文字から12文字の間で作成してください。とよく見ると思います。

 

ここでパスワードを6文字で設定するのはとても危険です。

 

パスワードの文字数は多ければ多いほど危険性は低くなります。

 

しかし、文字数の最大上限で作成することも危険視されています。

 

なので12文字が文字数の最大上限の場合12文字ではなく11文字や9文字ぐらいで作成するのがベストです。

 

結局、パスワード作成において、大切なのは他人には予測できないパスワードをいかに作るかどうかなのです。

 

ところでパスワードを複雑にすることも重要ですが、パソコンのOS・メーカーのアップデートをやパソコンにセキュリティソフトを入れていないと、せっかく複雑にしたパスワードが抜き取られてしまうのです。

 セキュリティソフトを設定していないとどうなるか

こちらで詳しく書いています。

あわせて読みたい
[要注意]セキュリティソフトが無いとどうなる?今や色々な機会がインターネットと接続されるような時代、 IOT(Internet Of Things)時代になりました。 そ...

 

まとめ

パスワードを作成する上で

もっとも大切なのは

作ったパスワードをあなたが忘れないことです。

しっかりパスワードを紙か何かにメモしましょう。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!