iPhone/iPad/ios

Safariのブックマークが突然消えてしまう原因と対処法

Safariを開いたら昨日まであったブックマークが全て消えてしまった。

 

アップデートを行ったら

あなたが追加したブックマークだけが消えて、

元々のブックマークだけが残っている状態でお困りのあなた

 

Safariのブックマークが突然消えてしまう原因と対処法を解説します。

 

ブックマークが消えてしまった原因

ブックマークが消えてしまった原因は主に2つあります。

1 Safari自体のエラー

2 ソフトウェアアップデートによるSafariの設定の変更

 

それぞれ解説します。

1. Safariを起動させ続けた場合に起こるエラー

iPhone

iPhoneの場合はSafariのタブをたくさん残しちゃいますよね。

これを残したままにするとSafariのブックマークが消えてしまいます。

またSafariの動作自体も遅くなりますので、見終えたら消しましょう。

もしかしたら見るかも、、という場合はブックマークに追加しましょう。

Mac

Macはシステム終了(電源を切る)時に

「再ログイン時にウインドウを再度開く」という項目が表示されますよね?

その項目にチェックを入れると、Macを立ち上げた時にまたウインドウを開くようになります。

しかしその行動はSafariに負荷をかけてブックマークが消えるエラーが起こしてしますのです。

Safariを休ませないと、返り討ちにあいますよ。

 

2. ソフトウェアアップデートで消える

iPhone&Mac

iPhoneでもMacでも起こることですがアップデートを行うたびに、

自分で追加したブックマークだけが消えて

初めからあったAppleなどのブックマークは消えていないというエラーがあります。

理由はSafariのシステムが更新されるので、あなたが設定した情報が上書きされるからです

ブックマークだけにあらず、データごと消えてしまう可能性もあります。

Safariのブックマークが消えても困らないように

iPhoneはiTunesかiCloudでバックアップ、

MacはiCloudでバックアップを行いましょう。

 

消えたブックマークを復元する方法

消えたブックマークを復元する方法は3つあります。

1 Safariを終了する、再起動する

Safariを起動し続けるとエラーを起こしやすいので、

Safariで開いていたタブを全て消してからSafariを終了してください。

 

またiCloudにブックマークを自動バックアップしている場合は

スマホを再起動させるとブックマークが戻ります

間違えて消してしまったブックマークは30日以内であればiCloudブックマークから復元できる裏技がありますのでご活用ください。

2 iCloudを一度ログアウトして、ログインする

この方法を試す際に注意しなければならないのがログアウトする直前に

データをiPhoneに残すかどうかを聞いてくる時があるのでこれは残すを選択してください。

 

3 iCloudブックマークがAppleのシステム状況ページから正常かどうかを確認する

何を試しも改善しない場合、あなたのスマホが原因じゃない可能性があります。

それは「こちら」をクリックして確認してください。

このシステム状況のページの中でiCloudブックマークが正常でない場合は

システムが回復するまで待ちましょう、それで改善します。

 

まとめ

これらの方法でも治らない時は私に教えてください。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!