パソコン・スマホの困ったを助けます!
コラム

12年寄り添ったドコモを解約した話

私は先日、約12年間寄り添ってきたdocomoを解約しました。

 

しかし解約したのは端末料を9ヶ月残しての途中解約。

 

解約金がかかるのになぜ

なぜ解約したのか、

なぜそこまでさせたのか

お話ししましょう。

 

ここからのお話は長く、あなたのためにならないのかもしれません。

どうぞ時間のある時に。

 

なぜドコモを解約したのか?

 

・料金が高い

・通信量制限の限界

・契約者と利用者の違い

 

この3点からドコモを解約するに至りました。

一つづつお話しします。

 

料金が高い

まずは月々の利用料金の高さです。

私が以前利用していたものが

かなり古いプランで

ファミリーで10GBのパケットを分け合うプランを利用していました。

それが月々9500円。

私を含めもう1人の兄弟の2人で割って払っていました。

そこに割引も少々あって

1人4000円でした。

簡単に言えば5GBで4000円です。

 

そして通話料がシンプルプランだったので980円。

そしてそれにプラスで1000円くらい。

 

soモードで200円

 

そして訳がわからないのが

支払う口座を別に、

シェアパック料金を別々の支払い方をしていたので

それの手数料で毎月550円。

わけわからん。

 

端末料も支払っていましたがそれを抜くと

だいたい6000円から7000円

基本料、通話、通信料その他もろもろ支払っていました。

 

通信速度が安定していたり

メールアドレスがあったりと

いいますが

もう正直言って

高くて払い続けられないと考えました。

 

通信量制限の限界

ファミリープランで10GBはありましたが

2人で分けているので5GBでした。

以前なら5GBで満足していました。

しかし2020年の春から夏にかけての間

ありがたいことに50GBまで増量無料が行われました。

 

その時に知ってしまったのです。

外でストリーミングサービスを使うことの楽しさに。

テザリングも使い放題、最高でした。

 

それが終わってからというもの

同じ使い方をしたわけではありません。

すべて5GBの時の生活に戻しました。

 

しかし、私の兄弟は違いました。

無料増量が終わったと何度も伝えたはずなのに

ばんばんと容量を使っていくのです。

そして1GB追加、追加、追加、、、

もちろん料金はその分徴収しましたが

それで終わる話ではありません。

 

ここまでお話ししてドコモ関係なくない?

と思ったのかもしれません。

 

しかし5GBしかないはもう少ないです。

使った分だけお支払いプラン、

もう怖くて仕方がありません。

 

通信をする、お金がよりかかる。

そんなことがストレスでした。

 

契約者と利用者の違い

これに関してはドコモに限った話ではなく

携帯会社、なにかのサポートプラン全てに通じることです。

 

契約者本人と名前が違えば

子息であろうとなんだろうと何もできない。

 

それが私を悩ませました。

 

ドコモは私が子供の頃から家族で契約していたので

両親が契約者でした。

はじめのころはよかったかもしれません。

しかし、自身で通信プランや端末を取捨選択するようになってから

プランの変更、料金の案内など全て契約者が必要でした。

 

それがもうめんどくさくて。

 

委任状を書けば良いということですが

例えばチェックが入ってないということだけで門前払い。

たしかに契約上大事なことですがなんとめんどくさい。

 

私もそういった業務に従事してきて

何度も言われてきましたが、自分でも言いたい

それはめんどくさいことだと。

 

じゃあ契約者を自分にすればいいじゃんと思ったでしょう?

できたらすでにしてましたよ。

 

そしてなんといっても今年から一人暮らしを始めたので

なんとまぁさらに不便に。

 

この不便さに苛立ちを一度覚えてしまえばもう解約にこしたことはありません。

 

解約の時もやっぱりめんどくさい

・料金が高い

・通信量制限の限界

・契約者と利用者の違い

この3点が私を悩ませて解約を決意し

委任状を書いて、契約者本人の免許証をコピーして

予約してドコモに向かいました。

 

解約金のお話を聞いていると

まず解約に10000円かかります。

 

あれ、政府が1000円にしたんじゃ?

と思ったことでしょう。

しかし私のプランはそれが制定される前のプラン

なおかつ1000円になるにはかなりの条件があるのだそう

あなたもドコモなら気をつけた方がいいですよ。

 

そしてファミリープランを解約するので550円の解約金

あぁ、何かにつけてお金を取るなぁ、、、

 

そしてなにかもう忘れましたが手数料で3000円。

 

しかし実はこの解約に移る話の前日にドコモに行ったのです。

 

その時は委任状の解約にチェック漏れがあったため門前払いされました。

ですが一つだけ聞きました。

明日の解約の時に端末料金を分割で続けて払うかここで一括で払えば良いか決めればいいですよね?

 

そしたらはいそれで大丈夫ですと。

 

しかし次の日になって

端末料の話をすると

委任状に書いていないのでその話はしなくて良いかと、、

 

1秒でも早くドコモを出たくなりました。

 

端末料を分割で払い続けると

訳の分からない手数料の550円を払い続けなければならないので

一括で払うと決めるその時のそこは委任状なくてもという

流れじゃなかったのか、

明日も本人は来れない、委任状でくるぞと伝えたはずなのに。

 

もうドコモの敷居を踏みたくありませんね。

 

もう2年になる9ヶ月なんて待てない。

 

金がかかろうとやめてやる。

 

非合理な行動かもしれません。

 

しかし今は気持ちが晴れ晴れしています。

 

ドコモを辞めた今

これを書いている現在は電話番号も失い

Wi-Fiがなければ通信できない状況にあります。

 

しかし次に契約するものはすでに決まっています。

それが楽天のアンリミットです。

 

ドコモソフトバンクauについて

第4のキャリアといわれるものです。

 

安さと期待を込めて契約しにいきます。

 

まとめ

最後までありがとうございました。

 

これほど寂しくない別れはこの世にはないですね。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!