パソコン・スマホの困ったを助けます!
コラム

[何が得?]Magic KeyboardとSmart Keyboardの違いは?

iPadシリーズを利用していて、キーボードが欲しい!と思っても

 

「どんなキーボードがいいのだろう?」

 

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」

自分のiPadにはどのキーボードが対応しているのか。

 

考えることがありすぎて困る、、でも

購入した後に後悔はしたくないですよね。

 

では「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」が何なのか?

何が違うのか?また自分のiPadにはどのキーボードが合うのかを解説します。

 

大前提にこの2つを購入する場合はAPPLEか量販店で買いましょう。

Amazonでは値段を釣り上げて販売されています。

 

あなたのiPadは何年モデルなのか?

まず理解が必要なのは

あなたのiPadが何年モデルなのかです。

 

なぜ何年モデルかわからないとダメなのか?

それはiPadにSmart Connector(スマートコネクタ)機能が搭載されているかどうかが判別できるからです。

 

Smart Connectorとは?

iPadの側面に充電可能な部分があり、

Apple Pencilやキーボードを接続すると充電できる機能のことです。

 

Smart Connector機能があるiPadは?

現行で販売されいているiPadはiPad miniを除いて全てSmart Connectorが搭載しています。

iPad (第 7 世代)〜

iPad Air (第 3 世代)〜

iPad Pro 9.7 インチ〜

iPad Pro 10.5 インチ〜

iPad Pro 11 インチ (第 1 および第 2 世代)〜

iPad Pro 12.9 インチ (第 1 〜 4 世代)〜

とこれらがSmart Connectorに対応しています。

何年モデルが対応?

iPadであれば2019年以降発売

iPad Airであれば2019年以降発売

iPad Proであれば9.7インチが2016年以降

10.5インチが2017年以降

11インチが2018年以降

12.9 インチが2015年以降発売

のモデルがSmart Connector機能搭載です。

以下のURLに画像付きで世代別に紹介されています。

https://support.apple.com/ja-jp/HT201471

 

残念ながらこれ以前のiPadではSmart Connectorが搭載されていないため

それらに対応したキーボードは使用できません。

 

また「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」が使用できません。

そんなあなたはBluetooth接続や有線接続のキーボードをお勧めします。

 

食事は自分への投資だ

キーボードやAPPLEデバイスで快適な仕事を送ることは大切だ。

 

しかしその仕事を支える体は何でできている?

 

それは「食事」だ。

投資額が少なければリターンも少ないですよね?

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」の違いは何?

ではやっと本題です。

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」は何が違うのか

 

当然ですが機能性と対応しているiPadが違います。

それぞれ着目して解説します。

 

「Magic Keyboard」の機能や対応iPadは?価格は

「Magic Keyboard」は見ての通りトラックパッドがあります。

左右幅に少し余裕があります。

パームレストもあります。

あわせて読みたい
[初心者へ]パームレストとは何?オススメ3選も紹介!パームレストって何? すぐに結論を言いましょう。 ノートパソコンでいうと トラックパッドの両隣の空間です。 ...

そしてキーボードとiPadの側面が密着しないので

iPadを自由な角度に調節でき、高さも出ますね。

首が疲れにくそうです。

「Magic Keyboard」自体は充電なく装着すれば使用できる。

なぜ充電ポートがあるのか、それはiPadを充電するためです。

そして使わないときは画面カバーにもなります。

 

バックライトがあるので暗いところでも操作が可能です。

 

対応iPadがiPad Pro 12.9 インチ (第 3 または第 4 世代)

または iPad Pro 11 インチ (第 1 または第 2 世代)です。

 

価格は31,800円(税別)。

 

「Smart Keyboard」の機能や対応iPadは?価格は

では「Smart Keyboard」はどうでしょうか。

トラックパッドはありません。

そのためパームレストもありません。

キーボードの左右の幅がほぼないです。

またキーボードと密着しているので

画面角度の変更に自由度はあまりない。

高さはノートパソコンを使用する感覚でしょうか。

またバックライトがないので暗いところでの操作は難しいでしょう。

 

「Smart Keyboard」も同じく充電の必要がありません。

iPadに装着すれば使用でき、同じくカバーにもなります。

 

対応iPadは

iPad Air(第3世代)

iPad(第7世代)

iPad Pro(10.5インチ)です。

 

総合的に見れば「Magic Keyboard」が機能面で良さそうですが

「Smart Keyboard」の価格は16,800円(税別)。

 

何か気づきませんか?

iPadによってすでに「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」

どちらを購入すればいいのかが決まっていませんか?

 

実はそうなんです。

iPadによってすでに決まっているのです、どのキーボードなのか。

 

じゃあiPad Pro 11 インチは「Smart Keyboard」が使えないのか?

そうではありません。

カバーの大きさに合わないため

充電や操作には問題ありませんが

iPadカバーの役目もあるので、カバーに収まりません。だから非対応なんです。

 

iPadでキーボードの選択肢が減るのは嫌だ?

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」

か選択の余地がないとお困りのあなた。

それを解決するには

APPLEではない他社製品のキーボードを使うしかありません。

 

まとめ

「Magic Keyboard」や「Smart Keyboard」の違いが理解できましたか?

選択肢が狭いのをユーザーにとっては楽ととるかどうか。

さすがAPPLEと私は大好きです。

 

最後までありがとうございます。

もしこの記事が良かったというあなたはTwitterのフォローをよろしくお願いします!

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!