Windows

[時短]キーボードだけで文字のサイズを大きく、小さくする方法〜Word限定〜

文字の入力はキーボードで行いますよね?

けれど文字のサイズを変更するのはマウスを使っていませんか?

 

それ全てキーボードで行えば時短になりませんか?

 

ではキーボードで文字のサイズを変更する方法を解説します。

Word限定の機能です。Excelでは使用できません。

 

キーボードだけで文字の大きさを変更する方法

キーボードだけで文字の大きさを変更する方法は2つあります。

1つ目が1段階サイズを大きく(小さく)変更する。

2つ目が1ポイントずつサイズを大きく(小さく)変更する。

 

それぞれ解説していきます。

範囲選択する方法

キーボードだけで文字サイズを変更する方法をよりスムーズに行うには、

文字や文章の範囲選択をキーボードで行う必要があります。

文字を範囲選択する場合は「Ctrl」キー+「矢印」キー

文章を範囲選択する場合は「Ctrl」キー+「Shift」キー+「矢印」キーです。

 

1段階サイズを大きく(小さく)変更する方法

1段階とは12,14,16のように飛び飛びで大きく(小さく)する方法です。

 

まずはサイズを変えたい文字を範囲選択します。

その後キーボードで

大きくしたい場合は「Ctrl」キー+「Shift」キー+「>」、

小さくしたい場合は「Ctrl」キー+「Shift」キー+「<」を同時に押してください。

 

すると文字のサイズが一段階大きく(小さく)なります。

 

1ポイントずつサイズを変更する方法

まずは変更したい文字を範囲選択します。

1ポイントずつ変更するには

大きくする場合は「Ctrl」キー+「[」キー

小さくする場合は「Ctrl」キー+「]」キーを同時に押してください。

 

まとめ

このキーボードだけで文字サイズを変更する方法はWord限定です。

しかし覚えておくことで時短になります。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!