パソコン・スマホの困ったを助けます!
SQL

【SQL】最大値、最小値、合計、平均、件数を求める

SQLで最大値、最小値、合計、平均、件数を表示させる方法を解説します。

ここで使用する集計関数は

最大値、最小値、合計、平均、件数

max  、min   、sum、 avg 、count

を使います。

 

SQLで最大値、最小値、合計、平均、件数を表示させる

最大値 max

最大値を表示させるSQL文はこちらです。

select max(列名) from テーブル名;

これでmax()のカッコ内にある列名の最大値を表示してくれます。

別名するには

集計関数を用いた結果を別名にしたい場合は、

select max(列名) as 別名前 from テーブル名;

で別名で表示できます。

 

最小値 min

最小値を表示させるSQL文はこちらです。

select min(列名) from テーブル名;

これでmin()のカッコ内にある列名の最小値を表示してくれます。

 

ウイルス対策できる除菌水

除菌グッズすら店頭では手に入らなくなってきている。

お店に行くこともリスクのひとつ。

だったら宅配でなおかつ安全性が保証されている

次亜塩素酸の除菌水使ってみませんか?

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

合計 sum

合計を表示させるSQL文はこちらです。

select sum(列名) from テーブル名;

これでsum()のカッコ内にある列名の合計を表示してくれます。

 

合計値をさらに計算する

例えば集計関数を用いた結果に消費税(10%)をかけたい場合は

select sum(列名 * 1.1) from テーブル名;

とsumの中に式を記入することで可能にします。

 

平均 avg

平均を表示させるSQL文はこちらです。

select avg(列名) from テーブル名;

これでavg()のカッコ内にある列名の平均を表示してくれます。

 

件数 count

件数、行数を表示させる集計関数は2つあります。

 

単純に件数を求めたい場合のSQL文は

select count(*) from テーブル名 where 列名 = ‘単語’;

 

もう1つはnullの行を無視して件数を数える場合は

select count(列名) from テーブル名;

で検索できます。

 

重複した値を件数から除きたい場合は?

重複した値を除く場合はdistinctを使用します。

countで書きますが、他の集計関数でも使えます。

select count(distinct 列名) from テーブル名;

 

まとめ

集計関数の基本的な使い方を解説してきました。

それぞれ使いこなせるようになりましょう。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!