パソコン・スマホの困ったを助けます!
SQL

SQL 列ごとに結果を出す方法/グループ化〜group by〜

SQLで列ごとにグループ化して結果を表示する方法を解説していきます。

このグループ化を使うことで集計がグループ毎に行われ、

グループごとの集計結果が結果表の形で得られます。

 

SQLで列ごとにグループ化して結果を表示する方法

試しにグループ化してそれぞれの合計を表示したい。

そのSQL文を書いていきます。

select sum(列名) from テーブル名 group by 列名;

で列ごとに合計を求められます。

 

グループ化するにはgroup by句を使います。

ウイルス対策できる除菌水

除菌グッズすら店頭では手に入らなくなってきている。

お店に行くこともリスクのひとつ。

だったら宅配でなおかつ安全性が保証されている

次亜塩素酸の除菌水使ってみませんか?

今なら加湿器プレゼント!空間除菌なら除菌水ジーア

複数の列をグループ化したい

複数の列をグループ化するには

group by句に複数の列をカンマで区切って指定することで

複数の列を基準にしたグループ化を行えます。

 

group by句でwhere句を使いたい

実際にgroup byを使ったSQLにwhereで処理をしようとしても

エラーになってしまいます。

なぜなら、where句を処理する段階ではまだ集計が終わっていないので

集計関数はwhere句には利用できません。

そこで使うのがhaving句です。

動きはwhereと変わりませが、集計結果に対する処理を行うことができます。

実際にSQLにすると

select 列名

from テーブル名

group by 列名

having 絞り込みの条件;

で行えます。

SQLの基本構文でwhereがgroup byよりも前で

havingはgroup byよりも後ろになります。

 

まとめ

group by句を使うことで

データの値をグループごとにまとめて計算できます。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!