Mac/iMac

MacでUSBをフォーマットする方法

家庭でもできるいびき改善/克服完全マニュアル

いびきを元からしかも、家庭で簡単にできる方法 を自らの体験から実践方法をご案内しています。 いびきは市販の器具や手術に頼らなくても改善することが可能です。

詳しく

本文

MacでUSBをフォーマットする方法を画像付きで解説していきます。

 

なおフォーマットを行うとUSB内のデータは抹消されます。

行うときは慎重に行ってください。

 

1. USBを挿入

まずはUSBを挿入してください。

 

2. ディスクユーティリティを開く

ロケットマークのアイコンのLaunchpadをクリックしてください。

その後「その他」と書かれたアイコンをクリックします。

その中に「ディスクユーティリティ」という名前の

聴診器が書いてあるアイコンがあります。それをクリック。

3. USBを選択してフォーマット開始

ディスクユーティリティが表示されます。

一番上に表示されているのはMacintosh HDでMacの中身です。

USBのフォーマットを行いたいので、USBをクリックしてください。

ではフォーマットを開始したいので

表示中央上の「消去」をクリックしてください。

4. 名前と形式を選択する

フォーマットをする際に名前と形式を変更することができます。

名前を変更するときは名前の□をクリックすると入力できるようになります。

次にフォーマットの□の部分をクリックすると形式を変更できます。

  • Mac OS 拡張(ジャーナリング)
  • Mac OS 拡張(大文字/小文字を区別、ジャーナリング)
  • exFAT
  • MS-DOS(FAT)
  • MS-DOS(FAT32)

どのフォーマットにすればいいの?

というあなたへ。

WindowsとMacどっちでも使用する場合は?

MS-DOS(FAT32)があればそれを選択してください。

もしMS-DOS(FAT)のみの場合はこれを選択してください。

Macのみ使用する場合は?

Mac OS 拡張(ジャーナリング)を選択してください。

 

では自分にあった形式を選んだら、

消去ボタンをクリックしてください。

5. フォーマット完了

消去ボタンを押すとすぐにフォーマットが始まります。

完了ボタンが表示されたらフォーマット完了です。

名前も変わって形式も変更されて中身も抹消されました。

まとめ

FAT32とFATの違いは?

FATは一回につき2GBまでの大きさのデータを保存することができます。

FAT32は一回につき2TBまでの大きさのデータを一気に保存することができます。

 

もし形式や名前を間違えてももう一度フォーマットし直せばいいです。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!