Android

Twitterで特定の言葉があるツイートをタイムラインに流さない方法

「Twitter」

 

近年は毎日のようにTwitterの使い方、あり方で物議をかもしています。

 

「見たくないものは見なくていい」

確かにそうですよね。

 

しかし、フォロワーの誰かがリツイートすれば

どれだけ見たくないものを避けていたとしても、

タイムラインに流れてしまいます。

 

見たくないものを見ないようにするには

あなた自身が動かなければなりません。

 

でもその行動は攻撃的なツイートをすることではありません。

見たくないものを見ないようにする設定です。

 

前置きが長くなってしまいましたが、

特定の言葉が書かれたツイートを自分のタイムラインに表示させない方法を解説していきます。

 

1. Twitterを開き、設定を開く

まずはTwitterを開いてください。

タイムラインが表示されますよね。

画面左から右へヒョイっとスライドしてください。

するとプロフィールや設定がある表示が出ます。

「設定とプライバシー」という項目があるので、

それをタップしてください。

 

2. コンテンツ設定を開く

設定とプライバシーが開いたら、

「コンテンツ設定」という項目があるのでそれを選択してください。

 

3. ミュートしている言葉を開く

コンテンツ設定が開くと、「ミュート中」という項目が表示されます。

その「ミュート中」をタップしてください。

そして「ミュートするキーワード」という項目を選択してください。

4. ミュートするキーワードを追加する

画面右下にある「追加」ボタンを押してください。

するとミュートするキーワードを入力する画面が表示されます。

ここでタイムラインに流したくない言葉を入力してください。

入力できましたしたら、画面右上の「保存」をタップしてください。

これでタイムラインに見たくない言葉が流れなくなります。

 

まとめ

タイムラインには流れなくなりますが、

自身からその言葉に関するワードやその言葉を検索すると、

関連したツイートは表示されますので注意してください。

ABOUT ME
アバター
TANSAN
某パソコンショップ店員がパソコン・スマホで困った!という悩みを解決していきます。 ITパスポートの攻略法も随時更新中! PC・スマホで困ったことがあればTwitterのDMまで! 名前の由来は炭酸水が好きなので、でも間違えないでください 私の炭酸水好きは炭酸水が騒がれ始める10年も前から好きなんです。 サイト作りのコンセプトは「赤ちゃんでもパソコン・スマホの設定できるわかりやすいサイト作り」です。 私TANSANとUseful Labどっちもよろしく!!